豆苗の保存方法と日持ちさせるポイント!再生栽培のコツを紹介

優しい甘さとシャキシャキとした食感が魅力の豆苗は、価格も安定していることから主婦の味方の食材だ。そんな豆苗は、食べた後に再度栽培して食べることが可能な野菜でもある。この記事では、豆苗の正しい保存方法や日持ちさせるポイントについて紹介していく。


目次
  • 1. 豆苗を冷蔵保存する方法
  • 2. 豆苗を冷凍保存する方法
  • 3. 豆苗を再生栽培するコツ

1. 豆苗を冷蔵保存する方法

根つきのまま販売されている豆苗は、そのまま冷蔵保存したり、カットしてから冷蔵庫で保存したりすることができる。正しい豆苗の冷蔵保存と保存期間を見てみよう。

冷蔵保存の仕方

豆苗を根つきのパッケージのまま冷蔵庫に入れる場合は、葉が潰れないように立てた状態で野菜室に入れよう。豆苗は保存中にも成長するので、根元が乾いているようなら、少量の水を足してあげるといいだろう。パッケージのままの豆苗は3日ほど保存できる。また、根元をカットした豆苗の場合は水を入れた保存容器につけるようにして野菜室に入れる。水は3日おきに交換するようにしよう。カットした状態の豆苗は野菜室より温度の低い冷蔵庫で保存するのがおすすめだ。カットして水につけておけば、7~10日ほど保存できる。豆苗を冷蔵庫で保存する場合は、葉を傷めないようにすることが大切だ。

2. 豆苗を冷凍保存する方法

豆苗は冷凍保存することもできる。冷凍保存することで、保存期間が冷蔵保存の場合よりも長くなり、1ヶ月ほど保存可能だ。豆苗を長期間保存したい場合は、冷凍保存するのがいいだろう。正しい豆苗の冷凍保存方法と解凍方法を紹介する。

冷凍と解凍方法

豆苗を冷凍する際は、根つきのままではなく、カットした状態で保存するようにしよう。カットして豆苗を保存袋に入れて冷凍庫に入れる。使う際は、解凍せず凍ったまま和え物や炒め物などに使うようにしよう。豆苗をカットして冷凍しておくことで、汁物の色味として使用できたりするので便利だ。冷凍する場合は、使いたい分ずつ取り出せるように小分けにして冷凍しておくのもいいだろう。豆苗をすぐに使わない場合や、使いきれない場合は早めにカットして冷凍保存するようにしたい。

3. 豆苗を再生栽培するコツ

豆苗は一度収穫したあとも、再生栽培することができる。豆苗を上手に再生栽培するポイントを紹介しよう。ポイントを押さえて栽培することで、再度美味しくキレイな豆苗を料理に活用することができる。

再生方法とポイント

根つきの豆苗は、カットした後に再生栽培が可能だ。通常2回まで収穫が可能だ。根元7cmほどを残してカットし、水を与えると豆苗が成長し、再度収穫できる。カットした豆苗の根を水に浸しておくと、1週間から10日で収穫可能になる。ポイントは、豆苗が新たに芽を伸ばしやすいように、わき芽を残してカットすることだ。さらに日当たりのよい室内で栽培すると、葉も大きく青々とした豆苗に成長する。水の交換も忘れず1日1回は行うようにしたい。豆苗はわき芽がある限り再生栽培が可能だが、だいたい2回ほどでわき芽がなくなり成長が弱くなる。また、夏場は水温が上がることにより、豆の部分が腐ったりカビが生えたりするので、うまく再生栽培できないことがあるので、注意しよう。夏場は水の交換回数も1日2回に増やすのがいいだろう。豆苗に肥料水を与えると収穫量は多くなるが、藻が発生してしまうことがあるので、注意が必要だ。

結論

豆苗は冷蔵保存と冷凍保存が可能だ。冷蔵保存の場合は根つきのままでもカット済みでも保存が可能だが、冷凍保存する場合はカット済みの状態で行うようにしよう。また、豆苗は再生栽培が可能なのも魅力だ。一度収穫した豆苗も水を与えることで、再度収穫が可能になる。再生栽培を行う場合は、必ずわき芽を残してカットして、水を正しく与えよう。1週間ほどで収穫することができる。豆苗を購入したら正しい保存方法を行い、再生栽培にもチャレンジしてみてもらいたい。

Sponsored Links:

料理
くわいとはどんな野菜?おせち料理に使われる理由とは

くわいとはどんな野菜?おせち料理に使われる理由とは..

くわいという不思議な響きをもつ食材をご存じだろうか。普段はあまり目にすることがないくわいだが、お正月にはおせち料理の一隅を占めていることが多い。形状も独特なくわいとは、どんな野菜なのだろうか。本記事では食べ方...

料理
薬味の定番・長ねぎの小口切りのコツ|冷凍保存方法も紹介

薬味の定番・長ねぎの小口切りのコツ|冷凍保存方法も紹介..

旬はあるが、基本的に1年中手に入れることができる長ねぎ。料理の薬味やつけ合わせとして欠かせない存在だ。そこで今回は、薬味の定番である長ねぎの小口切りについて紹介していこう。長ねぎの小口切りの切り方やコツを知り...

料理
牛乳を消費できる料理!デザートから主食まで美味しいレシピを紹介

牛乳を消費できる料理!デザートから主食まで美味しいレシピを紹介..

牛乳は健康維持のための栄養を多く含んでいるため(※1)、農林水産省もその消費を推進している。(※2)賞味期限が切れてしまいそうな大量の牛乳を使い切りたい場合には、どんな料理が向いているだろうか。牛乳を使う料理...

料理
長ねぎの青い部分を活用するレシピ!持ち味を活かした料理を紹介

長ねぎの青い部分を活用するレシピ!持ち味を活かした料理を紹介..

長ねぎは白い部分が主に使われがちで、青い部分は捨ててしまうという人も少なくない。しかし、青い部分もさまざまな料理に活用できる。そこで、長ねぎの青い部分を使うレシピを紹介していく。白い部分とは異なる持ち味を活か...

料理
野菜おでんで野菜不足解消!大根以外のおすすめの野菜種も紹介

野菜おでんで野菜不足解消!大根以外のおすすめの野菜種も紹介..

おでんに入れる野菜といえば、大根やじゃがいもなどを思い浮かべる人が多いと思うが、実はほかにもいろいろな野菜を入れることができる。野菜をたくさん入れることで、野菜不足の解消にも繋がるのだ。この記事では、おでんに...